こち/折りふくさ


kochi_orifukusa

金封を包むという日本人の美しい作法を、より身近により手軽にしたいという思いから生まれた袱紗。確かにはじめから折られていると、包むのも出すのもスムーズにできそうですね。袱紗はたまに使おうとすると、戸惑いがあったりしますもんね。

これだと、使い終わった後に小さく折りたたむことはできなくなるんでしょうね。
慶事と弔事で包み方も違うんですね。そういう解説も嬉しいところ。
昔ながらの伝統がこういうアイテムになってるというのもいいですね。

こちらで購入出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です