山中組木工房/ライオン型組木


raion_kumiki

かわいらしいライオン型の組木です。
組木細工は小田原地方の伝統技術で、木片を金具などを使わず組み立て解体できる玩具。
パズルとしてだけでなく、インテリアのアクセントにもなりますね。

江戸時代中頃には「知恵木」「知恵板」と呼ばれる遊具が使われていたと文献にもあり、これが組木細工の原点になったといわれています。
組木動物の仲間として、キリン、ゾウ、カバもいました。

こちらで購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です