food mileage



フードマイルという言葉は、イギリスのティム・ラング氏が、1994年に提唱した運動で、具体的には、食料の生産地から消費地までの距離に着目し、なるべく近くでとれた食料を食べることで、輸送に伴うエネルギーを出来るだけ減らし、環境への負荷を軽減しようという運動です。
これを、日本では、農林水産政策研究所が、「相手国別の食料輸入量」に「輸送距離」を乗じた数値を、「フードマイレージ」として提案しています。
簡単に言うと、「フードマイレージ」は、食べものが運ばれてきた距離のこと。そのとき出るCo2を測って、pocoという単位にして、食べることとCO2が出ることのつながりをわかりやすくしようというもの。フードマイレージを知って、意識して国産の食べものをえらぶことで、自分が出すCO2を減らせるというわけです。
先日、テレビを見ていたら、温暖化の問題を取り扱っていたのですが、その中でフードマイルということの事例が紹介されてました。スーパー等でもフードマイルを掲示してあって、消費者がそれを見ながら買い物をしていました。まだ、日本では、そのような事例は少ないと思われますが、そのうち当たり前にやることになるんだろうなぁと思いながらテレビを見てました。
詳しくは上記バナーから、ご覧になれます。


そのテレビでは、下の本の著者がインタビューに応じていたんですが、意外と楽観的だったのが印象的でした。なんでも、変化は突然やってくるということみたいで、ベルリンの壁の崩壊の例を取り上げて話してました。
まぁ、でも、時間的余裕はそんなにないだろうって、言ってましたけど。

レスター・ブラウン・プランB2.0―エコ・エコノミーをめざして レスター・ブラウン・プランB2.0―エコ・エコノミーをめざして
レスター ブラウン Lester R. Brown 寺島 実郎


Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です