undose


undose.jpg
ほぼ日で販売されている「undose」(ウントエーゼ)のバッグ。一点一点すべて手作りのバッグが38点ありました。どれも雰囲気のある素敵なバッグで、ショルダーバッグ、ミニトート、ポシェット、ポーチ、ウォレットの全部で5種類がラインナップされています。面白いのは、すべて一点もののため購入者が多いと抽選販売になってしまうところ。というか、もうすでに全商品が抽選みたいですが。。。
申し込みの期間は7月12日(水)午前11時から7月18日(火)午前11時までとなっているようです。こちらのページから申し込みページにいけます。
「undose」のHPで糸井さんがいろいろと語っているページがあるんですが、その内容にとても共感を覚えました。「大量生産の商品」と「芸術作品」の間にあるものを、質も量も豊かにして行きたいということ。そして、その間にある「作品」という概念。やはり、モノが過剰にあふれてくると当然と言えば当然なのかもしれませんが、その間のモノが多くなることによって、また生活も豊かに感じられるようになるんでしょうね。私もそういった手作り感のあるモノが好きなので注目していたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です