高丘親王航海記


takaoka.jpg
自分の好きな本の紹介です。これは、澁澤龍彦の「高丘親王航海記」です。読んだのは、大学生のころだったと思います。その頃、澁澤作品にはまっていて、結構読んだ覚えがあります。その中でも、この小説が一番おもしろかったです。高丘親王が天竺へ向かうまでのお話なんですが、とても幻想的な物語です。また、読み返してみようかなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です