構造計算書偽造問題


この問題で1級建築士の認知度はだいぶ上がったのではないでしょうか。しかし、逆に信頼度は一気に下がったと思われます。自分も建築士のはしくれなので、この話題は避けて通れないと思いますのでちょっと感じたことを。
まず今回の問題は、特殊な一人の建築士が行った行為だということ。ここを強く書いておきたいと思います。コスト削減のためにやったようなことがマスコミで取り上げられていますが、当然コストを削る部分というのは、建物の性能を確保した上でのことです。コスト削減のため、屋根をやめましょうといって納得する施主はいないと思います。しかし、今回の件はそういうことをやってしまったということなのでしょう。まして今回は生命の危険を伴うということで、もはや、犯罪に近い行為だと思います。マンションやホテルというのは、中で使用する人の顔があまり明確に見えないのでこういう行為もできてしまうのでしょうか???同じ建築士として、恥ずべき行為なのは言うまでもありません。
これから、確認申請の制度のあり方などいろいろな検討があり、いろんな影響は当然でてくると思います。しかし、根本的な問題として、建築士としての誇りと自覚を持ち、設計行為を行うということにつきると思います。多くの建築士がそのような姿勢で設計行為に臨んでいます。そのことを少しでもわかっていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です